マッチングアプリのNGワードって?プロフィール、メッセージに分けてご紹介!

最近気軽に異性と出会えると人気のマッチングアプリ。

スキマ時間にスマホで素敵な出会いがあると話題です。

素敵なお相手が見つかったという人の話を聞くことも多いですが、実はマッチングアプリでNGワードがあるのをご存じでしょうか?

ここではマッチングアプリのNGワードについて、プロフィール、メッセージそれぞれのケースに分けてご紹介したいと思います。

マッチングアプリのNGワード:プロフィール編

まず、マッチングアプリでNGワードとなるもののうち、プロフィールで使わない方がいいものをご紹介します。

最悪の場合アカウント停止になってしまい強制退会となる場合があるので要注意です。

個人情報に関するもの

マッチングアプリを利用する際、個人情報に関するものを載せてしまうと、トラブルの原因になったり、最悪犯罪に巻き込まれる場合もあるためNGです。

また、メアドなどの個人情報については援交目的や悪質業者が書き込んでいると運営側にみなされてしまう可能性があるためNGワードです。

プロフィール欄は不特定差数の方が見られるようになっているため、うっかり自分の個人情報を記載してしまうのはリスクが高すぎます。

自分自身を守るためにも、個人情報については何も書かないようにしましょう。

もし、気に入ったお相手が見つかって自分の個人情報を伝えたい場合は不特定多数の人が見られない方法で伝えるようにしましょう。

ただ、それにより何らかのトラブルが発生しても全て自己責任となります。

お相手の方が個人情報を伝えても大丈夫な人かどうか、しっかりと見極めた上で伝えるようにしましょう。

犯罪目的や援交目的のワード

マッチングアプリと言ってもさまざまなものがあり、真剣に恋活したい、婚活したいというものから出会い目的のものなどもあります。

健全なお付き合いを目的としているマッチングアプリだと、出会い系や援交をイメージさせるようなものはNGワードとみなされます。

その理由はマッチングアプリを援交や売春目的で利用されないためで、ユーザーを保護する目的からですね。

もし、プロフィール欄に援交や犯罪などを匂わすようなワードを入れてしまうと、NGワードとみなされてしまい最悪アカウント削除となったりします。

ユーザーの中にはNGワードとは知らずプロフィールに記載してしまう場合もあるようですが、マッチングアプリに登録する際は禁止事項をチェックしておきましょう。

運営側から常にチェックされていることを考えた上でプロフィールを作成しましょう。

マッチングアプリを始めたばかりでよく分からない

よく、プロフィール欄に「マッチングアプリを始めたばかりでよく分からない」と書いている人がいます。

おそらく、異性との出会いにガツガツしていると思われるのが怖いからなのかと思います。

ですが、これは逆効果でNGワードです。

マッチングアプリのプロフィール欄は自分自身をアピールするためにあるので、そこにこのような文章を書くのは意味がありません。

しかも、人から見れば使い方が分からないというのは重要なことではないですし、書くなら「まだ使い方が分かりませんがよろしくお願いします」などと書く方がいいでしょう。

さらに、自分の仕事や趣味、関心があることなど、自分と同じ価値観や好みの人を見つけやすいようにしましょう。

知り合いや友だちの紹介から始めました

マッチングアプリを使い始めたきっかけが人からの紹介というのもNGワードです。

たとえば、職場の同僚からの紹介とか友だちからの紹介…などですね。

このようなNGワードを使ってしまうと、異性から見れば真剣に恋活や婚活しているとは思ないからです。

単なる興味本位でマッチングアプリを使っているのかな?と思われても仕方ありません。

「毎日自宅と職場との往復で出会いがない中、同僚のすすめで…」などと、出会いがないことが分かるように書くといいでしょう。

相手に求めすぎな言葉

また、プロフィール欄に相手に求め過ぎなワードもNGワードです。

見ず知らずの相手に求めてばかりいられると、異性から好感を持ってはもらえません。

たとえば、「○○を一緒に楽しめる方を求めてます」とか、「真剣に結婚を考えている方を探してます」など、相手に求めすぎないワードを使いましょう。

攻撃的なワード

当たり前のことですが、攻撃的なワードはNGワードです。

たとえば、「○○でないとダメ!」とか「年収は○○以上でないとダメです!」などですね。

こういったワードは異性から見ると攻撃的に感じることが多いです。

相手にばかり要求していてはいつまでたってもいい出会いなんてありませんよ。

恋人と別れたばかりです

このワードはまさにマッチングアプリでのNGワードかと思います。

このワードを見ると、「元カノや元カレに未練があるんだな…」と思われても仕方ありません。

未練がなかったとしても、こう書いてしまうとそう取られてしまいかねません。

新しい出会いを求めるためにマッチングアプリに登録したのに過去の異性のことを書くなんて失礼ですし、不快に感じさせます。

プロフィール欄に過去の恋愛のことを書くのは絶対にNGです!

ネガティブなワード

マッチングアプリでいいお相手と出会うにはポジティブワードが多い方がいいに決まっています。

そのため、プロフィール欄にネガティブなワードを書くのはやめましょう。

自己評価があまりに低かったり、仕事などのぐちばかり書くのはNGですね。

楽しく前向きな内容を書くのがおすすめですよ!

モデルや有名人と間違われます!

このワードもNGワードですね。

よく、「モデルの○○さんに間違われます」などと書いている方がいますが、正直なところ「だからなに?」って感じですよね?

誰でも、見た目は年齢とともに衰えていきますが、こういうNGワードを書く人は見た目にしか価値がないと思っていそうです。

モデルや芸能人に間違われたからと言ってなんなのでしょうか?

その日だけの関係ならともかく、真剣に付き合っていきたい相手なら見た目なんてそこまでに気にならないはず…。

見た目は年を取れば変わっていくもの。

知識や教養などは年を取れば培われていきます。

そいういうものをアピールする人の方が人間的に魅力があると感じますよね?

マッチングアプリのNG人ワード:メッセージ編

では、マッチングアプリのメッセージのNGワードってどんなものがあるのか、具体的に挙げてみたいと思います。

最初のメッセージが「よろしくお願いします」のみ

マッチングアプリのメッセージが始めての相手に、「よろしくお願いします」だけだとNGです。

これ自体がNGワードというわけでなく、これだけだとNGワードになってしまいます。

たとえば、お相手のプロフィールを見てそのことについて話をふったり、話題を提供した上で「よろしくお願いします」ならいいですが、これだけだと「何をよろしく?」って感じですよね?

メッセージで好感を持ってもらうにはまずあいさつや自己紹介をすること。

大人のマナーとして最初にあいさつと自己紹介は基本ですが、できない男性は意外と多いんですね。

きちんとあいさつや自己紹介ができれば、しっかりした信頼できそうな人だな…と思ってもらえるはずです。

タメ口

また、マッチングアプリのメッセージのNGワードにタメ口があります。

親しくなってからまだしも、最初からタメ口なのは最悪です。

いくらお相手が年下であろうと、最初からタメ口はやめておき、実際に会うまでは敬語でていねいな言葉遣いを心がけましょう。

他の人と会ったことある?

よく、マッチングアプリで女性に「他の人と会ったことある?」と聞く男性が多いようです。

女性からすると、この質問には答えづらいかと思います。

今後、この人とうまくいくかもしれない…と思うと、本当はあっても「ありません」とうそを言ってしまうかもしれません。

実際、聞いたところでメリットはなさそうですよね?

家事は好き?家事するの?

男性の中にメッセージで「家事は好き?するの?」などと聞く人がいますがNGワードです。

この質問をされて、女性のほとんどは「家事をするか、好きなのか聞いてどうするの?女性を家政婦と見てるの?」と感じるはずです。

男性からすれば、家事がきちんとできて好きな人は女性として魅力的かもしれません。

ですが、女性からすると、家事ができないと魅力がないのか?家事をしてもらえる家政婦でも探しているのか?と思われても仕方ありませんね。

聞かない方が無難です。

どくらい恋人いないの?

マッチングアプリのメッセージでNGワードとなるものに、「どのくらい恋人いないの?」というのがあります。

人によってそこまで不快に思わない場合もあるかと思いますが、ほとんどの方は不快に思うでしょう。

他にも、「これまで何人くらいと付き合った?」なんてのもNGワードです。

正直に答えたとしても、その後のメッセージのやり取りが気まずくなりそうですし、そもそも正解は何年で何人なの?って感じですよね。

どうしてもお相手の過去の恋愛が気になるのであれば、ある程度親しくなってから聞くといいでしょう。

ウケ狙いの文章や文末に「w」や「笑」をつける

お相手から硬い人と思われたくないばかりに、ウケ狙いの文章を送りすぎるのも考えものです。

ウケ狙いの文章を送ると、どうしても誠実味がないと思われがちです。

よほど面白くユニークな内容ならともかく、素人にそこまでのレベルは望めません。

また、文末に「w」や「笑」を使うのもどうかと思います。

人それぞれ笑いのツボは違うので、使わない方が無難です。

女性のほとんどは「w」に嫌悪感を持っているのでNGワードと考えておきましょう。

真剣で誠実さを感じる文章で、親しみのあるメッセージを送りましょう!

まとめ

マッチングアプリのNGワードをプロフィール編とメッセージ編に分けてご紹介しました。

マッチングアプリはいつどこからでも異性と出会えるツールです。

ですが、NGワードがあることを理解しておかないと、相手を不快にさせたりしてしまい、いつまで経っても素敵な出会いなどできません。

ここでご紹介したNGワードはほんの一例です。

他にもさまざまなNGワードがありますが、あくまでも相手の立場に立ち不快な気持ちにさせないようにすることが重要かと思います。

ぜひ、NGワードに気をつけていただき素敵なお相手を見つけてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です